IDC Japan は、国内のビッグデータテクノロジー/サービス市場予測をまとめ、発表した。それによると、ビッグデータテクノロジー市場は依然立ち上がりの時期だが、拡大していくという。普及には、成功事例の提示が不可欠で、「幅広いアナリティクスソリューションを組み合わせて提案していく必要がある」と結論付けた。

国内ビッグデータ市場、2017年まで年平均37.5%成長--IDC 調査
国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場売上額予想

2012年の国内 IT 市場におけるビッグデータテクノロジー/サービス市場の規模は206億7,000万円で、2017年までは年間平均成長率37.5%で拡大するという。2013年には前年比41.9%増の293億3,000万円まで拡大すると予測した。

ビッグデータの認知度は、企業の情報システム部門では74.8%あるのに対し、一般業務部門では33.5%だった。すでにビッグデータを提供または利用していると回答した企業は9.8%にとどまった。ビッグデータの活用を阻害する要因として、半数近くの企業は投資対効果を見極めるのが難しいと回答した。また、参考事例や有効な取り組み事例があれば活用を検討すると回答し、関心を見せる企業もあった。