東京急行電鉄(東急電鉄)東急エージェンシーは、リコーが開発したクラウドサービス「Clickable Paper」およびスマートデバイス対応アプリ「RICOH TAMAGO Clicker」を活用し、広告とデジタルコンテンツを連携するサービスの提供を開始した。

Clickable Paper は、画像認識システムを用いたクラウドサービス。専用アプリ「RICOH TAMAGO Clicker」(iOS 版/Android 版)から、対象となる雑誌の誌面やポスターなどの画像を撮影すると、撮影箇所に関連するリンク先(Web サイト、電話、地図、動画など)が自動的に読み込まれる。

東急、リコーのクラウドサービス「Clickable Paper」を活用した広告提供を開始
「Clickable Paper」のサービスイメージ

東急電鉄と東急エージェンシーは、両社が展開する広告ブランド「TOKYU OOH」と同サービスを連携。第1弾広告として、公益財団法人日本バドミントン協会主催のバドミントン国際大会「YONEX OPEN JAPAN 2013」告知ポスターの掲出を、東急東横線・田園都市線渋谷駅で開始した。ポスターをアプリで撮影することで、同大会の web サイトを通じて大会情報などを確認することができるという。

 
「YONEX OPEN JAPAN 2013」告知ポスターを撮影すると Web サイトを読み込む
「YONEX OPEN JAPAN 2013」告知ポスターを撮影すると Web サイトを読み込む

また、今秋には東急電鉄が発行する沿線情報フリーペーパー「SALUS(サルース)」の誌面と連携し、掲載商品の購買サイトへ誘導する広告を予定しているほか、今後バス停看板やデジタルサイネージへの展開も検討しているという。