パナソニックは、家じゅう「どこでもドアホン」の新ラインナップとして、DECT 準拠方式採用の VL-SWD210K を10月10日に発売する。

パナソニック、8枚連続の録画機能を搭載した「どこでもドアホン」の新モデルを発売
パナソニック、「どこでもドアホン」の新モデルを発売

同製品は「どこでもドアホン」の普及タイプとして発売。ワイヤレスモニター子機を使うと、手元で静止画像にて来客を確認することができる。また、モニター親機には録画機能を搭載しており、来客画像を8枚連続の静止画で自動録画する。窓センサー(別売)や住宅用火災警報器(別売)と連携すると、家の安全管理を強化できるという。

同社は多様化するニーズに応え、同製品を使いやすく便利なテレビドアホンとして、幅広いユーザーに提案するとしている。