IT 専門調査会社の IDC Japan は、2017年までの国内プライベートクラウド市場予測を発表した。2013年の国内プライベートクラウド市場は、前年比43.9%増の4,627億円となる見込み。

同社は、国内プライベートクラウド市場は今後高い成長を維持し、とりわけ事業者データセンターを活用したプライベートクラウドが、同市場の成長をけん引すると見ている。2012年〜2017年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は34.5%で推移し、2017年の市場規模は2012年比4.4倍の1兆4,129億円になると予測する。

国内プライベートクラウド市場は前年比43.9%増、今後も高成長を維持--IDC 調査
国内プライベートクラウド市場 支出額予測:2012年〜2017年
(出典:IDC Japan)

同社によると、これまでのプライベート クラウド ソリューションでは、「インフラストラクチャの効率化」や「産業特化型アプリケーション(共同センター型ソリューション)」が注目されてきたが、現在はシステム間連携、アプリケーション開発/運用の効率化、さらにはビッグデータへの対応をもたらすプラットフォームとして機能の拡充が進んでいるという。

また、導入形態の多様化が進む中、オンプレミス型のプライベートクラウドでは「インテグレーテッドシステム(ハードウェアとソフトウェアの垂直統合型製品)」、ホスティング型プライベートクラウドでは「ディスクリートモデル(迅速性/拡張性に加え柔軟性を有した標準化サービス)」の重要性が高まっているとしている。

さらに、「自治体クラウド」「農業クラウド」「ヘルスケアクラウド」に代表される業界のコミュニティクラウドサービスでは、クラウドのサービス価値が「既存業務の効率化」から「IT(クラウド)を使った事業強化、新市場の創造」へと変化していくと分析している。