IT 専門調査会社の IDC Japan は、2012年における国内 OS 市場規模実績と、2017年までの予測を発表した。

発表によると、2012年の国内 OS 市場規模は、前年比1.8%増の1,841億1,400万円。また、2012年〜2017年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)を0.6%と予測している。

2012年の国内クライアント PC OS 市場は、前年比0.6%増の1,085億2,300万円。

Windows XP から Windows 7 への移行で法人市場の売上は伸びたものの、家庭市場では買い替えの促進材料が少なく、売上が減少した。Windows は前年比2.0%減となり、2012年10月から販売が開始された Windows 8 は、売上増加に寄与できなかった。一方、Mac OS は20%以上売上が増加した。

2013年も家庭市場の減少は続き、2013年の国内クライアント PC OS 市場は、前年比4.9%減を見込んでいる。2012年〜2017年の CAGR は0.4%と予測している。

2012年の国内サーバー OS 市場は、前年比3.5%増の755億9,100万円。

市場構成比の50%弱を占める Windows は、前年比5.0%増となった。Windows が稼働する x86 サーバーの出荷台数は微減したが、仮想化でゲスト OS の搭載数を増やせる上位エディッションの売上の比率が高まり、ライセンスあたりの単価は上昇している。

同じ x86 サーバーを主力プラットフォームとする Linux は、前年比10.8%増となった。サブスクリプションモデルによる安定的な収益構造に加え、基幹系システムへの導入が増えたことで単価も上昇した。UNIX は、ハードウェア出荷台数の落ち込みにより、前年比9.0%減となった。

国内サーバー OS 市場の2012年〜2017年の CAGR は0.8%と予測している。

Windows は、2015年7月でサポートが終了する Windows Server 2003 の更新需要で、2013年は6.3%の成長を見込んでいる。Linux は高い成長を続け、2012年〜2017年の CAGR を7.0%と予測している。一方、UNIX とメインフレームは、2017年までマイナス成長が続く、と見ている。

そして同社は、2013年に Linux がメインフレームを抜き、Windows に続く2番目の市場となる、と予測している。

国内サーバー OS 市場、Linux が2013年にメインフレームを抜く― IDC Japan
国内 OS 市場 売上額予測:2012年〜2017年
出典:IDC Japan