ジェイアール東日本企画は、8月25日まで、日本気象協会の「洗濯指数」と合わせた映像広告を、中央線快速/京浜東北・根岸線/京葉線/埼京線(一部編成)のトレインチャンネルで展開、指数と連動した商品情報を自動で放送する。この企画は、指数情報を活用した広告表現手法の実証実験。

「洗濯指数」に合わせて「ナノックス」か「ハイジア」の CM を自動配信--JR 東トレインチャンネル
洗濯指数に合わせて異なる商品をアピールする

広告主はライオン。広告内容は「ナノックス」「ハイジア」の商品告知。「洗濯指数」が高い(洗濯物が乾きやすい)場合は「ナノックス」を、「洗濯指数」が低い場合は「ハイジア」を自動的に配信し、直後の CM 枠でも2商品のどちらかを選択して放映するという。随時自動更新システムを利用し、朝/夕方の1日2回、情報を更新する。