デジタル広告技術開発の Fringe81(フリンジ ハチイチ)は、コスト効率を Web 広告全体で最適化する「ボルツマンウェイト分析 広告予算 最適配分サービス」を開始した。

同社は、「ディスプレイ広告」と「検索連動型広告」などの広告手法別にコスト効率を最適化してきたが、今回、全広告手法を縦断して評価するアルゴリズムを開発、コスト効率の可視化を図り、パフォーマンスを大幅に改善したそうだ。

オンラインでのユーザー行動は、原子や分子のように確率的に動いている粒子の状態と似通った点が多く、統計物理学の理論で記述可能であることに着目、自然現象をシミュレーションできるボルツマンウェイトを導入することで、「検索連動広告」と「ディスプレイ広告」を縦断して分析/グラフ化する予算配分シミュレーション手法を確立した。

ボルツマンウェイト分析では、媒体ごとに評価するのではなく、「ゴールが決まりやすい連携をしている媒体、コンテンツ、広告の組み合わせ」を分析、判断できるようになる。

分析に利用したデータは、「ディスプレイ広告」出稿媒体別の出稿結果とコスト、「検索連動型広告」のキーワード別の出稿結果とコスト、「ディスプレイ広告」から発生した検索流入データ。

これらのデータソースに対してボルツマンウェイトを採用した分析を行い、さらにその分析結果に、2次元マトリクス分析を実施した結果を使用、プログラム/アルゴリズム化を行った。

開発には素粒子論で博士号を持つ同社社員の佐野正和氏が携わった。また、アルゴリズムでの分析を実行するにあたっては、同社の第三者配信サービス「digitalice」(デジタリス)を使用した。