ニフティは、複数のネットスーパーを横断する広告とプロモーション商品の取り扱いを開始した。

取り扱いを開始する広告とプロモーション商品は、参加ネットスーパーのページを横断して掲載するディスプレイ広告と、ネットスーパー利用者に商品のサンプリングを行うターゲットサンプリング。

ニフティ、複数ネットスーパーを横断する広告とプロモーションを開始
ターゲットサンプリングのイメージ

ニフティが、複数のネットスーパーを取りまとめて、販売/管理/問い合わせ対応などを運用するため、スーパーマーケット側の手間が軽減される。また、複数のネットスーパーを横断するため、広告主はより広いプロモーションができる。

開始時点で参加するネットスーパーは、「サミットネットスーパー」「ダイエーネットスーパー」「マルエツネットスーパー」。

リアルなスーパーマーケットがネットスーパーに参入することが普通になり、積極的なネットスーパーユーザーも増加している。また、直接商品販売ページに誘導できることから、ネットスーパー掲載広告を自社商品のプロモーションに活用するメーカーも増えてきたそうだ。

ニフティはこれまで、スーパーマーケットのチラシ情報などを掲載する「シュフモ」の運営や、小売業者に対してネットスーパー ASP を提供するベクトルワンへの出資などで、スーパーマーケットの実店舗やネットスーパー運営を支援してきた。