カジュアルファッションブランド「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、モバイル会員サービスの登録者数が1,000万人を達成したのを記念してユニクロのオンラインサービスを拡充させるためのアイディアを広く消費者から募集する企画「みんなでつくろう。ユニクロサービスアイディア大募集」を実施。応募者の中からユニークなアイディアを提案した方4名が、同社オフィスに招かれ、ユニクロモバイル会員サービスの企画会議などの「特別プログラム」に参加した。

ユニクロのアイディア募集企画で特別賞を受賞した4名が同社オフィスを訪問
ユニクロのアイディア募集企画で特別賞を受賞した4名が同社オフィスを訪問

今回の企画では、ユニクロモバイル会員向けの新しいサービスのアイディアを、ユニクロのコミュニティサイト「みんなでつくる、みんなのユニクロ」で募集。「ユニクロらしいサービスであり、シンプルで分かり易く、多くのお客様にご利用いただけること」「オンラインサービス、モバイルデバイスの特性を活かしていること」という条件で集まったアイディアの中から、ユニクロが実際にモバイル会員サービスへの導入を検討するというものだ。

4名が参加したユニクロモバイル会員サービスの企画会議では、各参加者が提案したアイディアのレビューが行われたのち、それを実現するためのアイディア出しや意見交換を実施。和やかな雰囲気でありながら参加者は真剣に自身のアイディアの背景や実現に向けた意見を発言し、ユニクロの企画担当者を唸らせるようなアイディアも豊富に飛び出した。

ユニクロの担当者と真剣な意見交換をする参加者4人(写真右側)
ユニクロの担当者と真剣な意見交換をする参加者4人(写真右側)

笑い話も交えながら積極的に意見を交わす参加者の皆さん
笑い話も交えながら積極的に意見を交わす参加者の皆さん

印象的だったのはアイディアが自身の実体験や暮らしている場所の特徴を踏まえている点で、“もっとこうすればユニクロが便利になる”、“もっとこうすればお買い物が楽しくなる”という参加者それぞれの思いがアイディアに込められている。ユニクロの企画担当者も「今後皆さんのアイディアを活かした機能拡充をしたい」と語っていた。

その後、参加者はファーストリテイリングの社員食堂でランチをしながら更にユニクロの社員との交流を深めたのち、「プランタン銀座」(東京都中央区)の中にある「ユニクロ マルシェ プランタン銀座店」に移動。参加者へのもうひとつの特典として、同店の“ファッションソムリエ”が参加者をユニクロの最新アイテムでトータルコーディネートする体験をした。

「ユニクロ マルシェ プランタン銀座店」にやってきた“変身前”の4人
「ユニクロ マルシェ プランタン銀座店」にやってきた“変身前”の4人

ファッションソムリエと真剣にコーディネートを選ぶ
ファッションソムリエと真剣にコーディネートを選ぶ

店内では参加者一人ひとりに専属のファッションソムリエがつき、商品選びを楽しんだ。ファッションソムリエのひとりに話を聞くと、コーディネートの方向性は、本人の希望や好みと時季のトレンドをミックスしつつも、普段はチョイスしないような新鮮なコーディネートを体験してもらうことで、新たな発見をしてもらうことなのだそう。ファッションソムリエは参加者にコーディネートのポイントだけでなくアイテムの上手な着こなし方や活用法をレクチャーし、参加者も感心した様子でアドバイスに聞き入っていた。

ファッションソムリエのコーディネートで見事に“変身”した4人
ファッションソムリエのコーディネートで見事に“変身”した4人

今回の企画に参加して、参加者からは「企画会議では色々な意見を聞いてもらえて、ユニクロの真剣さが伝わってきた。とても有意義な意見交換ができたので、今後新たなアイディアをぜひ実現してほしい」といった期待の声や、「普段は見ることのできないユニクロの裏側やユニクロの歴史を知ることができて、とても楽しかった」といった声が聞かれた。

一方、今回の企画について、ユニクロの担当者は「今回特別賞を受賞された方をはじめ、実用的なアイディアから我々も思いついていなかったユニークなアイディアなど多くの意見を熱心に回答いただいたのが嬉しい驚き。今回の企画はお客様からの反響も大きかったため、第二弾、第三弾の実施を検討したい。今後もモバイル会員同士、あるいはモバイル会員とユニクロが直接対話する企画やサービスを考えていきたい。」とコメント。ユニクロと消費者を繋ぐオンラインサービスの拡充や企画の展開を通じて、絆を更に深めていきたい考えだ。