エヌ・ティ・ティ・コムウェアは、Twitter ユーザーのつぶやきを分析して興味・関心を把握できるサービス「InsightCatcher」(インサイトキャッチャー)を8月1日から提供開始すると発表した。

従来の Twitter 分析サービスは、調べたい商品やブランド名を含むつぶやきの分析に特化したものが中心だった。一方同サービスでは、つぶやき内容や回数の分析からその商品に関心を持つユーザーを“ファン”と位置づけて抽出。そのファンのつぶやきを再度収集し、ほかにどのような分野に関心があるかを分析できるという。

加えて、日々の商品・サービスに関するつぶやきを収集・分析し、つぶやき数の推移、つぶやいた人の抱く感情・評価、頻繁につぶやかれるトピックなどを把握することが可能。さらに、収集したつぶやきを独自の観点で再分類でき、商品のデザインに関する評判を把握するなど、より詳細な分析も行えるという。

また、通常膨大な Twitter データから重要な情報を見つけ出すためには、収集・分析環境の構築や、ボット(自動発信される情報)など不要な情報のフィルタリングといった準備が必要だが、同サービスでは PC やタブレット端末のブラウザから同サービスの Web サイトにログインし、キーワードを登録することで、Twitter データの収集・分析を開始できるという。

Twitter ユーザーの興味・関心を分析するサービス、NTT コムウェアが8月から提供へ
「InsightCatcher」イメージ

初期費用は10万円(税別)で、月額料金は10万円(税別)から。なお、分析対象として設定可能なキーワードの上限数は月額料金によって異なる。