Marketing

マーケティング

恋愛したい女性の新たな手段は「ソーシャルメディア」? -- トレンド総研がレポート (1/2)

japan.internet.com 編集部
2013年7月22日 / 17:30
 
 
ソーシャルメディアの普及にともない、男女の出会いの形にも変化が見られるようになったという。最近では、新たな出会いを求めて SNS のオフ会に参加したり、ソーシャル上のマッチングサービスを利用して恋人を探したりなど、“恋活”のためにソーシャルメディアを活用する女性も増えているのだそうだ。

中でも注目されているのが、高収入・高学歴・イケメンなどの、いわゆる“ハイスペック男子”と結ばれ、ソーシャルならではの「シンデレラストーリー」を叶えた女性たちなのだという。トレンド総研が、ソーシャルメディアを活用して“ハイスペック男子”を手に入れた女性を「ソーシャル・シンデレラ」と名付け、その実態についてレポートしている。

恋人がいない女性のソーシャルメディア活用が拡大

現代女性の恋愛事情に詳しい、コラムニストの相沢あい氏によると、現在恋人がいない女性は増加傾向にあり、新たな出会いのツールとしてソーシャルメディアに注目が集まっているのだという。

「恋人がいない女性の多くが、『出会いがない』を口グセにしている。しかし、彼女たちの周りには全く恋人がいない男性がいないというわけではない。仲が良い男性もいるはずなのに、身近な男性にはときめきづらいようだ。その原因は、女性が幼少期から抱えているシンデレラ願望にあるだろう」と相沢氏。近年は、自身が仕事で活躍していたり、“自分磨き”に励んだりする女性が増えているため、「付き合うならこういう人」という理想が高くなりがちに。それゆえ、周りに男性がいても「出会いがない」を口グセにする女性が多いのだという。

また最近では、「恋活」のために始める人もいるほど、女性にとってソーシャルメディアが“出会いの場”のひとつとして定着しつつあるのだという。「ソーシャルメディアの大きな魅力は、リアルの生活ではなかなか出会えない異性とも出会えること。恋人のいない女性が、高年収・高学歴・イケメンなどの“ハイスペック男子”と恋愛に発展するという、“ソーシャル・シンデレラ”ストーリーもよく耳にする」(相沢氏)。相沢氏が言う“ハイスペック男子”の中には、仕事や趣味で普段忙しかったり、男性ばかりの職場や業界にいたりするために出会いのチャンスに恵まれず、長い間恋人がいないという人が意外と多いのだそうだ。

ちなみに、ソーシャルメディアで“恋活”をするためのポイントとしては、魅力あるプロフィール写真を設定することが有効なのだそうだが、ソーシャルメディアでの出会いにはリスクも伴うことに気を付けるべきだという。

「匿名性の SNS は、相手の素性が分からなかったり、虚偽のプロフィールが書かれていたりするケースもあるので、注意が必要。トラブルに巻き込まれないためには、リスクヘッジとして、信頼できる企業が運営するマッチングサービスを活用するのもひとつの手段。専門サービスであれば、出会いに対して真剣な人が集うので、交際の確率も上がるのでは」(相沢氏)。

SNS を活用した“恋活”の実態とは?

では実際、恋人がいない女性は SNS を活用してどのような“恋活”をしているのだろうか。Facebook を活用したマッチングサービス「Omiai」(http://fb.omiai-jp.com/)を運営する、株式会社ネットマーケティングの石川亮太氏が解説している。

石川氏によると、「Omiai」は累計会員数が27万人にのぼるが、いわゆる“ハイスペック男子”が多いのが男性会員の特徴なのだという。「イケメン男性はもちろんのこと、経営者、医師、弁護士、有名大学卒、有名企業勤務など、身元のしっかりした真面目な男性の方に多数登録いただいている。2013年7月現在で年収1,000万円以上の男性も、2,313人にのぼる」と石川氏。本来であれば女性にモテるタイプでありながら、仕事が忙しかったり、男性ばかりの職場だったりするなどの理由で、真剣に出会いを求めている男性が利用しているのだそうだ。

また石川氏によると、実際に「Omiai」の中でも“ソーシャル・シンデレラ”ストーリーが数多く誕生しているという。「例えば、中小企業に勤務する一般 OL の方が、IT 企業経営者やプロスポーツ選手など、普段の生活ではなかなか知り合えないような職業の男性とお付き合いをしたという報告はよく耳にする。これまでの20数年間、一度も恋人がいたことのなかった女性が、『Omiai』に登録して有名雑誌でモデルをしているイケメンと交際をスタートしたというケースもある」と石川氏。交際後に仲が深まり、結婚に至ったケースも少なくないのだそうだ。
【関連記事】
ネット選挙解禁に伴い Twitter/スパムメールで不審な動き、トレンドマイクロ調べ
博報堂など、スポーツ選手の評判など分析する「ソーシャル解析+」を提供開始
博報堂 DY グループ、ソーシャルメディアの口コミを販促物に活用する「Social POP」提供開始
低価格でフルアウトソースを提供、コンビーズの「ネット選挙支援サービス」が目指すもの
世界的に導入が進む「ソーシャルリスニング」、その実態と有用性を探る

関連キーワード:
Facebook
 
SNS
 
ソーシャル
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites