大塚製薬は、水分補給飲料「ポカリスエット」のプロモーション企画として、iPad と連動する“デジタル広告”を「Switch 2013年8月号」(7月20日発売)および「BRUTUS 2013年8月15日号」(8月1日発売)に掲載する。Switch の広告は iPad から「FUJI ROCK FESTIVAL '13」出演アーティストの音楽が流れ、BRUTUS の広告は iPad と誌面で光のアートが表現される。

Switch と連動する「POCARI MUSIC PLAYER」は、iPad で特設 Web ページにアクセスし、画面に表示されたレコードプレーヤのターンテーブルに広告ページから取り外した“レコード盤”を載せると、音楽が流れ出し、ビデオが再生されるというもの。このレコード盤は静電インクを用いる「PIT System」と呼ばれる特殊な印刷技術で作られており、iPad のタッチパネルと静電インクが反応することで再生が始まる仕組み。iPad の画面を手で触れても操作できず、レコード盤を載せる必要がある。

大塚製薬、iPad と連動して音が鳴る、光が踊る「ポカリスエット」のデジタル広告を雑誌「Switch」「BRUTUS」に掲載
POCARI MUSIC PLAYER

なお、再生される音楽を演奏しているアーティストは、大塚製薬が協賛中のロック音楽フェスティバルFUJI ROCK FESTIVAL(フジロック)に出演する「LITE」「光風&GREEN MASSIVE」「STERUSS」の3組。

Switch と連動する POCARI MUSIC PLAYER の紹介ビデオ

一方 BRUTUS と連動する「POCARI SWEAT EFFECT」は、広告ページの下に iPad を入れると、誌面に印刷された画像と、紙の裏面から透けて見える iPad 画面の映像が一体化するというもの。建築物に映像を投影する“プロジェクション マッピング”のようなアートが体験できる。大塚製薬は、国内初の「リアプロジェクション」型の雑誌広告としている。

POCARI SWEAT EFFECT
POCARI SWEAT EFFECT

なお、POCARI SWEAT EFFECT 用の映像は、2012年12月に行われた東京駅へのプロジェクション マッピングを演出した、ネイキッドが手がけた。

BRUTUS と連動する POCARI SWEAT EFFECT の紹介ビデオ