日本マイクロソフトは12日、同社のタブレット端末である「Surface RT」の本体価格を、キャンペーン終了後も、キャンペーン価格を定価とする発表を行った。

同社は現在、6月14日から7月14日の期間限定で、Surface RT の価格を一律1万円値下げするキャンペーンを実施しているが、今回キャンペーン価格をそのまま新価格とする改定を行い、キャンペーン期間終了後の7月15日以降もキャンペーン価格と同様の価格で販売する。

その結果、「Surface RT 32GB」は4万9,800円から3万9,800円に、「Surface RT 64GB」と「Surface RT 32GB+タッチカバー」は5万7,800円から4万7,800円に、「Surface RT 64GB+タッチカバー」は6万5,800円から5万5,800円に、各1万円値下げされた。いずれも税込。

Surface RT は OS に Windows RT を搭載したもので、タブレットとしての基本性能に加え、キーボードで文字が入力でき、Office 2013 RT を標準搭載したもの。

日本マイクロソフト、Surface RT のキャンペーン価格を定価に
「Surface RT」