ニフティは、温浴施設クチコミ情報サイト「@nifty 温泉」で提供している複数の施設運営者向けサービスを統合し、集客を総合的に支援する O2O 型サービス「@nifty 温泉 Plus」として提供を開始した。同時に、インターネット情報発信支援ツール「ニフパス」の提供も始める。

「@nifty 温泉 Plus」で温浴施設の集客を支援する O2O 型集客支援サービス登場
ニフパスのスマートフォン操作画面

@nifty 温泉が提供していた成果報酬型のクーポン券「ぬくぬく〜ぽん」や、全国の温浴施設のネットワークを活用した加盟店共通で利用できるギフトカード「温泉ギフト」などのサービスも統合する。

温泉ギフト利用の流れ
温泉ギフト利用の流れ

新サービスのニフパスは、温浴施設が独自に発信したい情報を @nifty 温泉の自施設紹介ページに投稿し、その情報を自施設の Facebook ページや Twitter へも同時に投稿できるというもの。また、インターネットを活用した情報発信に役立つ素材集やノウハウ、例文なども併せて提供する。これにより、タイムリーで効率的な情報発信が可能になるという。