SAP ジャパンは、クラウド型顧客対応アプリケーション「SAP Cloud for Customer」の販売を開始した。

操作性に優れたユーザーインターフェイスで、マルチデバイスに対応、リアルタイムのソーシャルコラボレーション、国内57万サイトに対応するソーシャル分析機能を備えている。

国内57万サイト対応ソーシャル分析機能のあるクラウド型顧客対応アプリ「SAP Cloud for Customer」の販売を開始
「SAP Cloud for Customer」

SAP ジャパンは6月にクラウド事業への本格参入を発表しており、今回 SAP Cloud for Customer の開始で、オンプレミス、モバイル、クラウドで、あるいはこれらを組み合わせ、リアルタイムで、いつでも、どこからでも、SAP 製品で顧客対応を支援できるようになった。

これらの SAP Cloud for Customer を含む SAP クラウドサービスは、今後 HANA Cloud Platform を単一基盤とし、オープンな標準技術にもとづいた拡張開発機能を装備する予定。

モバイルデバイスでの「SAP Cloud for Customer」
モバイルデバイスでの「SAP Cloud for Customer」

Cloud for Customer は、マーケティング/営業/サービス部門の顧客向け業務をサポートするソリューション。「顧客マスター管理」「製品マスター管理」「販売・サービス分析」に加え、ソーシャルコラボレーション機能「フィード」を基本機能とし、マーケティング/営業部門向けの「SAP Cloud for Sales」、ソーシャル顧客対応管理機能の「SAP Cloud for Social Engagement」、サービス部門向け「SAP Cloud for Service」で構成される。

ユーザーの操作性を重視した直観的なインターフェイスで、オブジェクトの項目を編集する際、編集画面はポップアップ表示され、どのオブジェクトを操作しているのかが分かりやすくなっている。また、オブジェクト表示時には関連オブジェクトがネームカードの形で、自動的に下の画面に表示されるため、関連項目も参照しやすい。

Outlook との統合も可能で、Outlook でフィードのコメントを閲覧したり、投稿ができる。

また、オンプレミス型の基幹業務システム「SAP ERP」や顧客管理システム「SAP CRM」とのシームレスな連携が保証されており、ビジネスニーズやビジネス規模に合わせて、オンプレミス型システムとクラウド型の Cloud for Customer を組み合わせ、システムを統合できる。