クラウドワークスは6月25日、同社のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」内で実施したシニア世代(50歳以上)のクラウドソーシング利用動向調査を発表。今後増加していく同世代が、どのようにクラウドソーシングを活用し、生活に取り入れているのかについて探った。調査対象は、クラウドワークスで仕事を受注した経験のある50代〜70代のユーザー129人で、調査期間は2013年6月12日〜6月18日。

2013年6月16日現在、クラウドワークスに登録しているユーザーは4万人。そのうちシニア世代(50 歳以上)のユーザーは全登録者のうち6.6%を占める2,649名。また、最年長は85歳で、実際に仕事を受注した経験のある最年長は79歳という。

そのシニア世代のユーザー2,649名に着目すると、75%が毎月1万円(年間12万円)以上の収入を得ており、36%が毎月20万円(年間240万円)以上を稼いでいた。さらに、12%は年間500万円以上の収入を得ており、これは国税庁が発表した「平成23年度 民間給与実態統計調査」のサラリーマンの平均年収409万円を上回っている。

クラウドワークスを利用しているシニアユーザーが1年間で仕事から得ている収入
クラウドワークスを利用しているシニアユーザーが1年間で仕事から得ている収入

次に、クラウドワークスを活用するシニアユーザーの仕事スタイルを調べたところ、フリーランスとして仕事を受注しているのは53%で、副業として利用しているのは47%だった。同社は、クラウドソーシングのみで生計を立てているフリーランスから、普段は家族とゆっくり過ごしながら空いた時間で収入を得ている在宅ワーカーまで、様々なスタイルのシニアユーザーが存在すると考察している。

また、「クラウドワークスを実際に利用してみて、良かったと思う点」を尋ねたところ、60%が「空き時間を利用して収入が得られた」と答え、クラウドソーシングを新たな収入源としていた。また、40%が「新しい楽しみが出来た」、34%が「発注者との良い出会いがあった」と答え、新しい楽しみや出会いができたという声も聞かれた。

クラウドワークスを利用してよかったと思う点
クラウドワークスを利用してよかったと思う点