カンター・ジャパンは、消費者が商品/サービスの購入や情報検索/収集に携帯電話をどう利用しているかについての「モバイルライフ調査」をした。それによると、携帯電話でネット購買経験のある人は全体の15%。携帯電話を利用したネット購買に関心がない人は全体の74%いた。

携帯電話でのネット購買経験者は15%―カンター・ジャパン調べ
携帯電話でのネット購買経験の有無

携帯電話でのネット購買の興味の有無
携帯電話でのネット購買の興味の有無


また、店舗内で携帯電話を使って情報検索/収集行為をしたことがある人は全体の50%で、その利用内容で最も多いのがクーポンの取得だった。

携帯電話での店舗内での情報検索/収集経験の有無
携帯電話での店舗内での情報検索/収集経験の有無

店舗内の携帯電話利用内容
店舗内の携帯電話利用内容

この結果を受け、同社は店舗内で携帯電話を使った情報検索/収集行動は今後ますます増えていくが、携帯電話を使ったネット購買が増えるかどうかはその分野に携わる企業が消費者の興味関心をどの程度高められるかによる、と結論付けた。
 
調査対象は16歳から60歳までの男女494人で、実施期間は2012年2月。調査方法はインターネットによる。