ソフトバンク・テクノロジー(SBT)と東京理科大学は、ビッグデータを活用したデータマイニングに関する産学共同研究を開始する。

この取り組みは、EC サイト運営活動と顧客の購買活動データを複合的に分析することで、顧客行動の傾向を調査し、予測モデルを構築することを目的とするもの。ビッグデータの管理/利活用のための分析サービスで技術ノウハウのある SBT と、データマイニングで得られた知識を生活やビジネスに活かす研究・開発に取り組む東京理科大学との連携で、実現した。

EC サイト運営側には、顧客の購買実績データや EC サイトへのアクセスデータ、会員向けメールマガジンの配信データ、さらにはコールセンターデータや限定的なキャンペーンのイベントデータなど、様々なデータ(ビッグデータ)が存在する。

しかし、それぞれのデータが独立して存在し、また、セグメントが統一されていないために連携すらできない、などの課題が山積している。

SBT が運営するアクティブユーザー数約500万の大規模 EC サイトで得られるビッグデータを基に、SBT の技術ノウハウと東京理科大学の高度なデータマイニング研究能力を組み合わせたプロジェクトの成果は、EC サイトビジネスに欠かせない経営戦略の武器として期待されている。

東京理科大がソフトバンク・テクノロジーとビッグデータで産学共同研究
共同研究のイメージ図