エクスペディア ジャパンは、結婚式シーズンに合わせて、ハネムーンおよび結婚後の旅行について調査を実施、結果を公表した。それによると、70%以上の人が「ハネムーンをきっかけに、パートナーにより魅力を感じた」こと、結婚後はパートナー以外の人と旅行に行く回数は減る傾向があることなどが明らかになった。

同調査は、ハネムーンの経験がある20代〜40代の男女600名を対象に実施。調査期間は2013年5月16日〜21日、調査方法はインターネットによる。

まず、ハネムーンに対する意識を尋ねたところ、「行ってよかった」と回答した人は99.5%だった。また70%以上の人は、「パートナーの事をより好きになった」、または「新たな一面を見て魅力を感じた」と回答しており、ハネムーンが円満な新婚生活スタートのカギをにぎることが明らかになった。

一方、「パートナーのいやな面を知った」または「結婚したことを後悔した」と答えた人は、男性が7.6%、女性が12.4%だった。ハネムーンでは、女性の方が相手を見る目が厳しいことがうかがえる。

「ハネムーンをきっかけに、パートナーにより魅力を感じた」人は71.2%--エクスペディア調べ
ハネムーンに行って良かったと思いますか?(出典:エクスペディア ジャパン)

ハネムーンをきっかけに、パートナーに対する意識に変化がありましたか?(出典:エクスペディア ジャパン)
ハネムーンをきっかけに、パートナーに対する意識に変化がありましたか?
(出典:エクスペディア ジャパン)

次に、子供がいる回答者300名に、ハネムーンベイビーがいるか聞いたところ、8.3%の人が「ハネムーンベイビーがいる(可能性がある)」と回答した。また35.7%の人は、「旅行時のスキンシップは普段より多くなる」と回答しており、旅先ではパートナーとの仲が深まりやすいようだ。

ハネムーンベイビーはいますか? /旅行時のパートナーとのスキンシップの量は普段と比べてどうなりますか?
ハネムーンベイビーはいますか?
旅行時のパートナーとのスキンシップの量は普段と比べてどうなりますか?
(出典:
エクスペディア ジャパン)

続けて、結婚後もパートナー以外と旅行に行きたいか尋ねたところ、「行きたい」と回答したのは、男性が57%、女性が70%だった。一緒に行きたい相手は、男女ともに「同性の友達」が1位、2位以下は、男性が「異性の友達」「ひとり」であったのに対し、女性は「親」「子供」となり、家族を選ぶ傾向が強かった。

実際に、パートナー以外の人と旅行に行く回数について尋ねたところ、61%の男性、74%の女性が、「結婚後は減った」と回答した。だが、全体の73.4% の人は、パートナーが自分以外の人と旅行に行くことについて「好意的に見送りたい」もしくは「一緒に行く相手によっては好意的に見送りたい」としており、 理解を示す人も多いことがわかる。

パートナー以外とも旅行に行きたいと思いますか? /パートナー以外と旅行に行く回数は結婚前と比べてどうなりましたか?
パートナー以外とも旅行に行きたいと思いますか?
パートナー以外と旅行に行く回数は結婚前と比べてどうなりましたか?
(出典:
エクスペディア ジャパン)

パートナーが自分以外の人と旅行に行くことをどう思いますか?
パートナーが自分以外の人と旅行に行くことをどう思いますか?
(出典:
エクスペディア ジャパン)