博報堂 DY グループ・ソーシャルメディア・マーケティングセンターは、博報堂アイ・スタジオと共同で、ソーシャルメディア上の口コミ情報を店頭販促物へ活用するサービス「Social POP(ソーシャルポップ)」の提供を開始した。

博報堂 DY グループ、ソーシャルメディアの口コミを販促物に活用する「Social POP」提供開始
口コミ型 POP ソリューション「Social POP」

Social POP では、企業の商品情報を紹介する専用サイトに、ソーシャルメディアの投稿機能を追加するソーシャルプラグイン プログラムを組み込むことで、Facebook、mixi、Twitter、Google+ など複数のソーシャルメディアに投稿された口コミ情報を横断的に収集する。

収集した口コミ情報は、性別、年齢、職業など様々な視点から絞込を行い、商品の人気や評判を分析することができる。また、長期的に口コミを収集することで、季節によって変化する商品への興味や使用感の違いなども把握できるという。

さらに、収集した情報を入稿用のデータ形式で出力し、店頭 POP やチラシ、デジタルサイネージなどで表示したり、商談時にタブレット端末で提示したり、と幅広く活用できるそうだ。

「Social POP」の活用例
「Social POP」の販促物への活用例

同社は、顧客対象として自動車/通信/外食/流通をはじめとする「店舗で生活者と接点を持つ企業」を想定。同サービスを利用することで、企業が独自で口コミ情報を収集・分析する場合に比べ、コストと期間を大幅に節約することが可能としている。