世界第2位の PC メーカー Lenovo が、ウルトラブック新製品「IdeaPad Yoga 11S」の販売促進におけるマーケティング分析のため、米国 SAS のインメモリ BI ソリューション「SAS Visual Analytics」を採用した。

SAS Visual Analytics は、Yoga 11S に対する顧客の好感度と関心度の予測、販売促進におけるキードライバーの分析、マルチチャネル属性モデルの構築と、販売機会につながったマーケティングチャネルの特定、マーケティングキャンペーンの ROI(投資対効果)の明確化、などに使われる。

Yoga 11S は、従来の PC の枠組みを越えた、コンバーチブルタイプのウルトラブック。Lenovo では6月初旬に Yoga 11S の販売を開始しているが、販売開始当初からすでに社内には過去の IdeaPad 製品群に関する大量のデータがあり、これらのデータをマーケティングキャンペーンの計画立案に活用することを模索していた。

顧客トラフィックは、オンラインショップや小売店、Web サイトの訪問者など、さまざまなチャネルで増加しており、PB 規模の情報が日々生成されている。Lenovo は、それらのデータを扱う、柔軟性に優れた分析機能とデータ ビジュアライゼーション機能を必要としていた。

Lenovo、ウルトラブック「Yoga 11S」のマーケティング分析に「SAS Visual Analytics」を採用
「SAS Visual Analytics」