IDC Japan は、2012年の国内セキュリティ市場規模実績と2017年までの予測を発表した。2012年のセキュリティ製品市場規模(ソフトウェア製品とアプライアンス製品を合算)は2,220億円で、前年比成長率は4.7%。2017年までの年間平均成長率は3.9%、市場規模は2,693億円まで拡大すると予測している。

セキュリティ市場は2017年まで好調、産業特化パッケージ製品が今後必要--IDC Japan 予測
セキュリティ市場の2012年売上実績と2017年までの予測

2012年のセキュリティソフトウェア市場/アプライアンス市場それぞれ、4.0%、8.8%の成長を見せた。ソフトウェアではアイデンティティ/アクセス管理とエンドポイントセキュリティで、アプライアンスでは IDS/IPS やファイアウォール/VPN と UTM で需要が高かった。クラウドサービスやモバイル端末の利用増加、巧妙化/悪質化する標的型攻撃の増加によって、2013年以降も需要拡大傾向が続くという。

2012年はセキュリティサービス市場も同様に成長した。市場規模は、6,504億円、前年比成長率は4.6%だった。2017年までの年間平均成長率は3.9%、2017年には7,884億円拡大すると見込まれている。

標的型攻撃が巧妙化していき、これまで安全だった産業も脅威にさらされている。産業特化型の特定システムの脆弱性につけこまれるリスクが高まっているため、ある産業に特化したパッケージ型セキュリティ製品などが必要になる、と同社は分析している。