アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「タブレット端末でのサイトユーザビリティ調査」を実施した。その結果、タブレット利用者にはスマートフォン向けサイトより、PC サイト向けサイトが好まれる傾向があったものの、画面サイズが小さくなるほどスマートフォンサイトが好まれる傾向がわかった。

PC サイトを好む理由は「画像が見やすかったから」。スマートフォンサイトが支持された理由は「スムーズに操作ができた」「サイト全体が把握しやすかった」「本文が読みやすかった」「リンクやボタンがタップしやすかった」「文字の大きさが適切だと感じた」で、これ項目をユーザビリティ上配慮したほうがよいと分析した。

タブレット端末に最適化した Web サイトとは、IMJ 調査
PC サイトとスマートフォンサイトの評価理由

そのほかの主な結果は以下のとおり。

・7インチタブレットユーザーの最大34%はスマートフォンサイトを支持
・PC サイトを好む理由は「画像が見やすかったから」が約7割
・7インチタブレットユーザーの70%以上は縦持ちで Web サイトを閲覧する
・タブレットユーザーが読みやすいと感じるフォントサイズは16ピクセル
・9〜10インチのタブレットユーザーは、縦持ち、横持ちに関係なく拡大しないで文章を読む
・7インチタブレットユーザーはタップミスと拡大してタップする割合が多い
・タブレットユーザーに最適なボタンサイズは縦横32ピクセル以上

調査は、画面サイズが7インチ、7.7〜7.9インチ、9〜10.1インチの3つのグループに分けて行った。方法はインターネット経由。対象は全国で、20〜59歳のタブレット端末を利用する男女900名。