セレージャテクノロジーは、アジア各国の 5月8日現在のFacebook 推定ユーザー数を発表した。ユーザー数上位は1位「インド」で6,384万人、2位「インドネシア」で4,795万人、3位「フィリピン」で3,032万人だった。アジア全体のユーザー数は前回調査(4月8日現在)比57万人増と2か月連続で増加になった。

インド/インドネシア/フィリピンとアジア全体のユーザー数の比較(セレージャテクノロジー調べ)
  ユーザー数(人) 前月比増加率(%) 対人口割合(%)
インド 63,840,940 0.0 5.1
インドネシア 47,955,860 -0.4 19.6
フィリピン 30,327,700 -0.8 31.4
アジア全体 249,258,160 0.2 6.6

対人口比ユーザー数割合は、1位の台湾が57.5%、2位の香港が54.0%、3位のブルネイが52.2%などと、4か国で全人口の半数以上が Facebook を利用していることがわかった。一方で、政府が Facebook をブロックしている中国のユーザー数は59万人で、対人口割合はアジア最低のほぼ0%。

台湾/香港/ブルネイ/中国/アジア平均の対人口割合の比較(同)
  ユーザー数(人) 前月比増加率(%) 対人口割合(%)
台湾 13,383,180 1.3 57.5
香港 3,873,380 0.5 54.0
ブルネイ 208,860 -3.0 52.2
中国 592,660 2.6 0.0
アジア平均 10,385,760 0.2 6.6

日本のユーザー数は、1,378万人でアジア5位。ユーザー数は2か月連続で増加、増加率は1.9%だった。ユーザー増加数はアジア2位で、前回調査比25万人増。

日本のユーザー数、対人口割合(同)
  ユーザー数(人) 前月増加率(%) 対人口割合(%)
日本 13,787,300 1.9 10.9

Facebook は米国最大手のソーシャルメディアだが、日本ではいまだ mixi が優勢。mixi のユーザー数は2012年8月時で2,711万人であるのに対し、Facebook はいまだその50%程度となっている。