メディア視聴行動分析サービスのニールセンは、全世界の広告費を調査する「Global AdView Pulse」2012年第4四半期(10〜12月)の結果を発表した。

それによると、2012年を通して世界全体の広告費は健全な伸びを見せており、前年比3.2%増加の5,570億ドルだった。好調だった第3四半期(7〜9月)は対前年同期比4.3%の伸長だったが、第4四半期は伸長が鈍化し、対前年同期比2.5%の増加となった。

全世界の広告費、地域別では中東/アフリカ、産業別ではテレコムが好調―2012年第4四半期調査結果
媒体別広告費増減率

地域別に見ると、ヨーロッパ以外のすべての地域で前年に比べ広告費は増加した。中東/アフリカ市場は地域経済が安定したことで、年間広告費が対前年比で14.6%成長した。なかでもエジプトは劇的な経済状況の好転から、対前年比20.4%の増加となった。

地域別年間広告費増減率
地域別年間広告費増減率

媒体別では、テレビ広告が好調。対前年比4.3%増の3,500億ドルで、全広告費に占める割合は62.8%になった。印刷媒体は全広告費において主要な媒体としての立場を維持しているが、新聞、雑誌ともに対前年比で減少傾向にある。インターネット広告費は、ラテンアメリカでの対前年比21.2%の増加を皮切りに上昇傾向。また、ヨーロッパでも経済状況が芳しくないにもかかわらず、対前年比7.4%増加した。

媒体別広告費のシェア
媒体別広告費のシェア

産業別では、テレコム、日用消費財、およびメディア産業で広告費が増加したのに対し、ヘルスケアや耐久消費財の広告費支出は減少した。テレコムは、ラテンアメリカや中東/アフリカで二桁成長を遂げており、11カテゴリー中7位という順位を押し上げていく可能性がある。

産業別広告費の増減率
産業別広告費のシェア