KDDI とグローバル・ブレインは4月23日、「KDDI Open Innovation Fund」を通じて Origami に出資し、業務提携を開始することを発表した。

「Origami」は、ユーザーの趣味嗜好に合うものを簡単に見つけられる次世代eコマースプラットフォーム。

ショップやブランドのアカウントをフォローし、画像起点で新たな商品を見つけ、気に入った商品はスマートフォンから購入できる。また、オンライン、実店舗問わず、気になる商品をユーザー間でシェアできる。ショップ、ブランドの出店も簡単にできるそうだ。

対応デバイスは iPhone。

加盟済みショップ、ブランド(一部予定)は、BEAMS、A.P.C.、森美術館、3.1 Phillip Lim、吉田カバン、A BATHING APER、RESTIR DIGITAL、MoMA DESIGN STORE、BIOTOP、Hysteric Glamour、SHEL'TTER、HEAD PORTER、SELECSONIC、NEIGHBORHOOD、MIZUMA ART GALLERY、Jurlique、BEDWIN & THE HEARTBREAKERS を含む、百貨店、セレクトショップ、ブランド、アートギャラリーなど。

KDDI は Origami との業務提携を通じて新たなeコマースプラットフォームを確立、オンラインとリアル店舗の両方を組み合わせた、新しい消費スタイルを提案していく。

Origami との業務提携の第一弾として、KDDI は Origami のサービス内に auID ログイン機能、住所入力支援機能を導入する。これにより au ユーザーは、auID で会員登録から購入時の送付先情報の入力までの流れを大幅に簡素化できる。

また今後は、「au かんたん決済」の導入や KDDI の企業ネットワークを活用した共同ショップ、ブランド開拓など、Origami 事業の拡大を支援していく。

KDDI、オンラインとリアルを組み合わせた次世代eコマースプラットフォーム「Origami」を支援
「Origami」スクリーンショット