Asymco は、2012年第4四半期の PC 販売データに関する分析結果を発表した。Windows PC 市場が過去20年間で最悪の落ち込みを見せるなか、Apple の Mac が、PC 全体の営業利益の45%を独占したとする試算結果を公表している。

Asymco の Horace Dediu 氏は、調査会社の公表した2012年第4四半期のデータをベースに、Windows PC ベンダーと Apple Mac の営業利益を比較。その結果、Windows PC ベンダー上位5社(Dell、HP、Lenovo、Asus、Acer)の営業利益を合計しても、Apple Mac による営業利益に届かないことを明らかにした。

Apple Mac が、PC 市場における営業利益全体の45%を独占
営業利益比較:Apple Mac vs. Windows PC ベンダー上位5社(出典:Asymco)

また Dediu 氏は、データが公開されていない上位5社以外の PC ベンダーの利益率も上位5社並みだと想定。この想定をベースにして、2012年第4四半期の PC 市場全体の営業利益の状況を試算した。この結果、Apple の営業利益は、PC 市場全体の営業利益の45%を独占しているという結果を導き出している。

PC 業界全体の営業理恵駅状況:Asymco による試算結果(出典:Asymco)
PC 業界全体の営業理恵駅状況:Asymco による試算結果(出典:Asymco)

Dediu 氏は、分析結果を次のようにまとめている。

「Windows PC ベンダーの問題は、利益率の低さにある。PC ベンダーは長年低利益率のビジネスを続けてきた。利益率の低さは販売台数の多さでカバーされてきたが、最近の販売台数の低迷により、カバーすることが困難になってきている。Apple も Mac の販売台数減少からは逃れられないでいるが、同社は自らの位置づけを、コンテンツ販売・サービス販売企業へとシフトさせた。これにより、"PC 市場"からの脱出に成功している。

Windows PC 1台あたりの営業利益は、Apple Mac より大幅に低い
Windows PC 1台あたりの営業利益は、Apple Mac より大幅に低い

問題は、他のベンダーが今後どうするかにある。彼らの運命は、Microsoft が握っているように見える。これは、(すべてを自社でコントロールできる Apple に比べて)リスキーだ」