日本マイクロソフトは、2001年10月に販売を開始した「Windows XP」と、2003年9月に販売を開始した「Office 2003」のサポートを、2014年4月9日(日本時間)に終了するが、同社は、これらのサポートが終了する2014年4月9日までの1年間を、最新 PC 環境への「移行支援強化期間」として、業界パートナー約360社と連携した活動を行う。

活動は、「サポート終了の告知強化」「最新 PC 環境への移行に関するアドバイスなどの情報提供」「移行コストを低減するための購入支援」を三本柱とする。

告知の強化では、サポート終了に関する特設サイトを開設し、大企業、中堅中小企業、政府、自治体、教育機関などの公的機関や、一般消費者までを対象にした幅広い告知活動を実施する。

移行アドバイスなどの情報提供では、IT 運用管理の人員が比較的少ない中堅中小企業を対象にした無償の相談窓口を、開設した。相談窓口は、0120-023-999(フリーダイヤル)。

購入支援では、「Windows XP & Office 2003 移行支援キャンペーン」を開始、Windows XP Professional や Office 2003 から最新 PC 環境にアップグレードする場合、通常価格の15%割引でアップグレードライセンスを購入できるようにした。

日本マイクロソフト、Windows XP と Office 2003 サポート終了で特設サイトを開設
サポート終了に関する特設サイトを開設