メディア視聴行動分析サービスのニールセンは、四半期ごとに発表しているスマートフォン メディア利用実態調査レポートから、年間のトレンドをまとめ、発表した。

それによると、インターネット利用者の中でのスマートフォンからのインターネット利用割合が、2013年1月で35%に達した。

時系列での推移をみると、PC からのインターネット利用は年間を通して横ばいだったが、スマートフォンからの利用は、2012年1月には17%だった利用率が、2012年10月には従来型携帯電話からの利用割合を逆転し、2013年1月には倍増(18ポイント増加)した。

スマートフォンが高年齢層にも普及、Android 6割対 iOS 4割
インターネット利用率推移:デバイス別

性年代別の利用状況を、2012年と2013年の3月期で比較すると、男性では40代で8ポイント増加、女性では30代で5ポイント、40代で6ポイント増加となり、2012年では20代の利用割合が大きかったスマートフォンからのインターネット利用が、2013年にかけて年齢の高い層にも普及している状況が分かる。

性年代別 スマートフォン利用状況(2012年3月期、2013年3月期)
性年代別 スマートフォン利用状況(2012年3月期、2013年3月期)

次に、OS 別の利用割合を比較すると、Android が6割、iOS が4割となり、この状況は年間を通して変化がなかった。au からも iPhone が発売され、2012年10月には iPhone5 が発売されたが、利用割合としては横ばいという結果となった。

OS 別利用率
OS 別利用率