凸版印刷と富士通 FIP は、共同で事業展開する「ギフトカード ASP サービス」で、新サービス「デジタルギフトカード対応サービス」を開始する。

これは、「ギフトカード ASP サービス」と連携するサービスで、ギフトカードをデジタル化して発行するもの。「ギフトカード ASP サービス」で発行されたギフトカードの ID 番号をバーコード化し、スマートフォンのアプリに登録できるようにする。レジでこのバーコードを提示すれば、キャッシュレスで買い物ができる。
「ギフトカード ASP サービス」で Apple Passbook 対応「デジタルギフトカード対応サービス」
ギフトカード/プリペイドカードの Passbook 登録イメージ

このサービスを利用することで、カード発行企業は利用者に ID を発行するだけで、ワレットアプリにデジタル化されたギフトカードを発行できる。また利用者も、複数のカードをひとまとめに管理して携帯したり、その場でギフトカードをプレゼントすることができるようになる。

第一弾として、 Apple の「Passbook」対応サービスの使用運転を3月中旬より開始し、6月に販売を開始する予定。 Android OS への対応も順次すすめ、2013年度に20社の導入を目指す。