インターネット利用状況調査会社のビデオリサーチイン タラクティブは、スマートフォン/タブレット端末ユーザーにおけるアプリや専用サイトなどのコンテンツ利用状況調査レポート「SmartPhone Contents Report(vol.04)」を3月末にリリースするにあたり、スマートデバイスユーザーを抽出する予備調査の結果をまとめた。

予備調査の結果によると、15〜69歳の PC インター ネットユーザーのスマートフォン個人所有率は全体で40.2%で、 2012年8月の前回調査時点から5.5ポイント増加した。

時系列でみると、2011年8月から2012年2月で8.1ポイント増、その半年後の2012年8月で7.7ポイント増に比べると、増加がやや鈍化した結果となった。

PC ユーザーのスマートフォン所有率40.2%、タブレット所有率11.3%
スマートフォン所有率の時系列推移

女性の所有率の伸びに伴い、男性42.5%対女性37.8%と、性別での差は縮まっている。

年齢別でみると、前3回の調査と同様、男女とも20代を中心に浸透している点に変化はなく、男女20代の所有率は60%台に達している。その他、男女15〜19歳、男性30代で、所有率は過半数を示している。

秋冬商戦で新機種が多数投入されたタブレット端末の所有率を見ると、全体で11.3%と2桁に達し、前回調査時点より2.1ポイント増加した。性別では、男性14.5%、女性7.9%。また、スマートフォン所有者でのタブレット端末所有率は17.1%になった。

タブレット端末所有率の時系列推移
タブレット端末所有率の時系列推移

一方、スマートフォン以外の携帯電話/PHS(フィーチャーフォン)の個人所有率は、全体で54.1%となり、前回調査時点より5.6ポイント減少した。