米国 Twitter は、米国内のユーザーを対象に、モバイルから主に Twitter を利用するユーザーのツイートへの関与のしかたについて、米国 Compete と共同調査を行い、その結果を発表した。

今回の調査では、「モバイルメインユーザーは Twitter をより頻繁に利用し、より多くのツイートに反応し、より多くの企業をフォローしている」ことがわかったそうだ、モバイルメインユーザーの特徴として以下の5つを取り上げている。

1. モバイルメインユーザーはデスクトップからの利用には消極的。

モバイルメインユーザーは、デスクトップよりもモバイルから Twitter を使いたいと考えている。デスクトップから Twitter を使いたい、と考えているモバイルメインユーザーの割合は、平均的なユーザーに対して57%と低い結果となった。一方、Twitter を使う頻度が高く、「1日に数回 Twitter を使う」モバイルメインユーザーは平均のユーザーよりも86%も高いという結果が出ている。

モバイルから主に Twitter を利用するユーザーは若く、反応がいい――Twitter と Compete 調査
モバイルメインユーザー実態
2. モバイルメインユーザーは若い年齢層に多くみられる。

若年層のモバイル機器の普及率を考えると当然の結果だが、「モバイルで Twitter を利用したい」と答えた割合は18〜34歳で52%以上平均よりも高いことがわかった。

3. モバイルメインユーザーは1日中 Twitter を利用している。

モバイルメインユーザーにとって、Twitter は生活のさまざまな部分に溶け込んでいるようだ。モバイルメインユーザーが起きた直後に Twitter を使う率は平均的なユーザーよりも157%高く、寝る前に使う率も129%高くなっている。特に多いのが通勤、通学中の利用で、平均的なユーザーの3倍になった。そして、会社や学校に着いた後も、平均的なユーザーと比較して160%が Twitter を使い続けている。

一日中 Twitter  三昧?
一日中 Twitter  三昧?
4. モバイルメインユーザーはツイートにより強く関係する傾向がある。

モバイルメインユーザーは、頻繁にツイートをチェックするだけではなく、自らツイートしたり、企業にエンゲージすることにも積極的であることがわかった。モバイルメインユーザーは自らツイートすることが57%、リンクをクリックすることが63%、リツイートすることが78%、お気に入りに登録することが85%、平均的なユーザーより高いことがわかった。

ツイートに強く関与
ツイートに強く関与
5. モバイルメインユーザーは、企業アカウントにも強い興味を持っている。

平均的な Twitter ユーザーがフォローしている企業の数は5つ以上と言われる一方で、モバイルメインユーザーは平均的なユーザーに比べ、11以上の企業をフォローしている割合が96%も高くなることがわかった。さらに、Twitter で広告を見たことを覚えている割合も58%高くなっていた。