米国 comScore は、英国における平日の一般的なデジタルデバイス(携帯電話/スマートフォン、PC、タブレット端末)利用状況を調査し、結果を発表した。それによると、英国の午前7時から9時までの時間帯では、携帯電話経由のトラフィックが最大シェアを占めていた。このことから、朝食をとりながら、もしくは通勤しながら携帯電話でデジタルコンテンツにアクセスしていることが窺える。

朝は携帯/スマホ、昼は PC、夜はタブレット、イギリスの平均的な月曜日
英国における平日の平均的なトラフィック シェア

10時から17時のコア勤務時間帯では、やはり PC のトラフィックが最多シェアを獲得した。ただし、英国全体のページトラフィック量がピークとなる20時から21時までの時間帯には、PC の利用が少なくなる。

反対に、同時間帯に多く利用されているのがタブレット端末。英国の夜はほとんどの時間帯でタブレット端末からのトラフィックが最大シェアを占めている。

同調査は、1月21日(月)のデータを集計したもの。