MMD 研究所は、「電子書籍に関する利用実態調査」を実施し、「電子書籍を読んだことがない」人(244人)と「試しに読んだ程度」という人(125人)を対象として、利用意向などを聞いた。その結果、「利用したい」(10.8%)と「やや利用してみたい」(24.9%)を合わせて35.7%が利用したいと回答している。年代別では、20代は31.3%、30代は40.8%、40代は34.9%に電子書籍の利用意向があることがわかった。

電子書籍を読んでいない人の電子書籍利用意向は35.7%
電子書籍利用動向
 
次に、「電子書籍を読んだことがない」と回答した244人のみを対象に、電子書籍を読んだことがない理由について調査したところ「電子書籍を読める端末を持っていないから」が50.0%と最も多く、次いで「紙の書籍のほうが好きだから」が33.6%、「電子書籍は読みづらそうだから」が27.9%という結果となっている。

電子書籍利用意向者を対象に電子書籍を読むならどの端末で読みたいかという質問をしたところ、「タブレット端末」が53.0%と最も多く、次いで「スマートフォン」が45.5%という結果となった。ちなみに、「電子書籍専用リーダー」は26.5%という結果となっている。

電子書籍を読んでみたい端末
電子書籍を読んでみたい端末
 
さらに、同じく電子書籍利用意向者に読みたい電子書籍のジャンルを聞いたところ「小説・文芸書」が71.2%と最も多く、次いで「雑誌」が47.7%、「コミック」が40.2%だった。
 
なお、調査は2013年1月30日〜2月1日にかけて20歳〜49歳の男女673人を対象に行った。