日立製作所博報堂は、マーケティング領域におけるビッグデータ利活用事業の提案力強化で協業する。4月1日から両社協働プロジェクトの「マーケットインテリジェンスラボ(仮称)」を設立し、顧客向けサービスやソリューションの開発などを行う。

今回の協業により、日立のビッグデータに関わるソリューションと、博報堂のコンサルティングサービスやマーケティングに関するノウハウが合わさる。今後は日立の顧客企業に向けたサービスを共同で提案し、独自のソリューション開発に取り組む予定だ。

ビッグデータは、クラウドの拡大やスマホなど多機能情報端末の急速な普及、センサー技術の進展により生まれる、これまで企業が扱ってきた以上の大容量かつ多様なデータ。このビッグデータを扱う新たな仕組み、様々な場面での活用が期待されている。

日立と博報堂、マーケティング領域でのビッグデータ利活用事業で協業
ビッグデータ利用の説明図
(出典:日立製作所)