MMD 研究所は、20歳から49歳までの男女673人を対象に「電子書籍の利用実態調査」を実施した。それによると、無料/有料いずれかの電子書籍を読んだことがある回答者は56.8%で、全体の半数以上に電子書籍の購読経験があった。男女別の利用率では、男性(64.0%)が女性(48.3%)を上回る結果となった。

半数以上が電子書籍の利用経験あり、4割超が1か月に1冊以上の電子書籍を購読
電子書籍の利用率

次に、電子書籍の購読頻度について聞いたところ、「試しに読んだ程度」が39.1%と最多であった。ただし、「1か月に1冊〜2冊」が25.6%と2番目に多く、1か月に1冊以上購読するユーザーの累計は43.2%に上った。

電子書籍購読頻度(1か月)
電子書籍購読頻度(1か月)

続いて、最も読んでいる電子書籍のジャンルを尋ねたところ、「コミック(33.3%)」「小説・文芸書(32.8%)」「ビジネス書(11.3%)」の順で支持を集めた。 男女別では、男性が「小説・文芸書(29.9%)」「コミック(28.3%)」「ビジネス書(15.0%)」の順となったのに対し、女性は「コミック(42.6%)」「小説・文芸書(38.2%)」「ビジネス書(4.4%)」となり、男女間でジャンルごとの購読率に差があることが分かった。

最も読んでいる電子書籍のジャンル(男女別)
最も読んでいる電子書籍のジャンル(男女別)

最後に、電子書籍利用後の変化について「読書の機会」「紙の書籍の購入量」「書店に行く機会」のそれぞれを回答してもらった。「読書の機会」については、「増えた(12.3%)」「やや増えた(23.1%)」という回答が「減った(3.1%)」「やや減った(2.6%)」を上回った。一方で、「紙の書籍の購入量」「書店に行く機会」に関しては「減った」「やや減った」と回答したユーザーが「増えた」「やや増えた」と回答したユーザーを上回る結果となった。

電子書籍利用後の変化
電子書籍利用後の変化

同調査はインターネットで実施。期間は2013年1月30日から2月1日まで。