宮崎ケーブルテレビ(MCN)はパームス企画と共同で、地域情報配信サービス「まいぷれ宮崎」を、コミュニティチャンネル「宮崎11(イイ)チャンネル」のデータ放送で開始した。

宮崎ケーブルテレビ、データ放送で地域密着型エリアマーケティング「まいぷれ宮崎」を開始
「まいぷれ宮崎」画面

開始は1月。データ放送技術は東京のメディアキャストが担当、運営と技術サポートは「まいぷれ」全国フランチャイズ本部である千葉のフューチャーリンクネットワーク(FLN)が担当する。

「まいぷれ」(「MY PLACE♪ MY PLEASURE」の略)は、生活圏の情報を地域住民に配信する地域密着型エリアマーケティング媒体。FLN が2000年3月に千葉県船橋市で地域情報サイト「まいぷれ」を立ち上げ、開発システムや運営ノウハウ、ビジネスモデルなどを全国各地の地元企業・団体にフランチャイズ形式で提供、共同で運営している。現在、全国156エリアでサイトを展開している。

「まいぷれ」ビジネスモデル
「まいぷれ」ビジネスモデル

地域情報配信メディアとして、PC サイトだけではなく、モバイルサイトやデジタルサイネージなどのメディアで展開実績があり、最近では、デジタルテレビのデータ放送を活用した情報配信にも注力している。

一方、MCN では2012年5月からデータ放送を開始しており、行政や防災などの地域情報を配信している。