メディア視聴行動分析サービスのニールセンは、全世界の広告費を調査する「Global AdView Pulse」の2012年第3四半期(7〜9月)の結果を発表した。

それによると、2012年第3四半期には広告費は全世界で健全な伸びを見せ、前年同期比で4.3%、1,390億ドル増加した。この増加は2012年上期(1〜6月)の成長率(2.7%)を上回る。

地域ごとに広告費の増減を見ていくと、中東およびアフリカ(対前年比18.9%増)、北米で大きく増加した。

北米市場では 1月〜9月までの広告費は対前年比5%増、第3四半期だけでは対前年比10.2%増という成長を遂げた。北米では、自動車産業とサービス産業分野の広告費が1月〜9月期および第3四半期ともに対前年同期比で2桁の成長となった。サービス産業分野の広告費には、米国大統領選挙に関連する広告支出を含む政治広告の広告費が含まれる。

媒体別広告費では、広告主が最も多く広告費を投資するのはテレビだが、調査期間中の伸び率は、インターネットと映画の広告が最も高く、それぞれ 7.7%、9.2%だった。

米国大統領選、広告費を押し上げる!?― 2012年第3四半期の世界の広告費
地域別広告費増減率(2011年1〜9月期対する2012 年1〜9月期の増減率)
出典:Nielsen

メディア別広告費増減率(2011年1〜9月期対する2012 年1〜9月期の増減率) 出典:Nielsen
メディア別広告費増減率(2011年1〜9月期対する2012 年1〜9月期の増減率)
出典:Nielsen