スマートフォン BlackBerry の販売で知られるカナダの携帯電話メーカー Research In Motion(RIM)が、社名を BlackBerry に変更した。同社は、BlackBerry 10 のキックオフイベントでこれを公表した。

All Things D は、この件を次のように伝えている。

「水曜日の朝、Research in Motion(RIM)が開催した BlackBerry 10 イベントで同社が発表したのは、同社の再生をかけた新 OS とハードウェアだけではなかった。RIM は社名を同社の看板製品のブランド名『BlackBerry』に変更すると発表したのだ。この社名変更に伴い、同社のティッカーシンボルは、NASDAQ では BBRY、トロント証券取引所では BB に変更される」

RIM が社名を BlackBerry に変更
BlackBerry Z10

Bloomberg は、BlackBerry の最高マーケティング責任者である Frank Boulben 氏の発言を紹介している。

「米国で BlackBerry 10 のマーケティングを開始する上でもっとも重要なことは、この製品の出荷で BlackBerry は新たなスタートを切るのだというメッセージを、消費者に対して明確に伝えていくことだ。我々はいくつもの大胆な改革を行い、これまでとはまったく異なる新しい製品を携えて市場に戻ってきた」

Reuters  も、Boulben 氏の発言を引用している。

「インタビューで、BlackBerry の最高マーケティング責任者である Frank Boulben 氏は次のように述べた。

『BlackBerry は、北米に限らず世界中で広く知られているブランドだ。このような世界的な象徴的ブランドを持っているのであれば、それを企業戦略の中核に据えるべきだ』

《中略》

RIM の古臭い外見のデバイスは、Apple の iPhone や、豊富なラインナップを持つ Samsung の Galaxy デバイスに対して競争力を失っていた。同社が新しいラインナップでこれらのライバルに対して反撃を開始するにあたり、BlackBerry ブランドの価値を利用することは同社にとっての大きなメリットとなるだろう。RIM の企業力は衰えているとはいえ、BlackBerry ブランドは依然として同社のパワフルな資産となっている」