日本エンタープライズは、18歳から34歳までの女性スマートフォン ユーザー300人を対象に利用実態調査を実施した。プライベートのスケジュール管理で使う媒体を複数挙げてもらったところ、「スマートフォン」が69.7%と最も多く、以下「手帳(紙)(66.3%)」、「メモ帳(22.3%)」と続いた。一方、最もよく利用する管理媒体を聞いたところ、「手帳(紙)」が50.3%と最も使われており、「スマートフォン(37.0%)」は2番手となった。

“スマホ女子”の7割がスマホでプライベートの予定を管理、でも仕事は紙の手帳で
あなたはプライベートのスケジュール管理をする際に、何を利用していますか。(複数回答)

続いて、仕事のスケジュール管理に用いる媒体を複数回答で答えてもらった。その結果、「手帳(紙)」が54.7%、「スマートフォン」が41.5%と、手帳(紙)の方が多くの支持を集めた。また、1番利用する媒体としても、「手帳(紙)(37.7%)」が最も多く、2番目には「パソコン(24.5%)」が続いた。このことから、仕事のスケジュール管理では手帳が多く使われていることが分かる。

あなたは仕事のスケジュール管理をする際に、何を利用していますか(複数回答)
あなたは仕事のスケジュール管理をする際に、何を利用していますか(複数回答)

また、利用しているスケジュール管理サイトやアプリケーションを聞いたところ、「利用しているスケジュール管理サイトやアプリはない」が34.7%で最も多かった。ただし、iPhone アプリケーション「カレンダー(23.0%)」や、Android アプリケーション「ジョルテ(13.3%)」も比較的多くの支持を集める結果となった。

あなたが利用しているスケジュール管理サイトやアプリを教えてください(複数回答)
あなたが利用しているスケジュール管理サイトやアプリケーションを教えてください(複数回答)

同調査は、アンケートサイト「アイリサーチ」を用いた Web アンケート方式で実施。調査期日は2013年1月16日・17日。