ニフティコムニコライフメディアは、2012年度の新成人(1992年4月2日から1993年4月1日生まれ)776人を対象に、ソーシャルメディアの利用実態を調査し、結果を公表した。最もよく利用するソーシャルメディアは「Twitter(42.5%)」で、以下「LINE(16.9%)」「Facebook(13.0%)」「mixi(5.3%)」と続いた。男女別で見ると、女性の51.5%が「Twitter」を最もよく利用すると回答していた。

新成人の最多利用 SNS、Twitter が4割で1位、人気1位は Facebook
最も良く利用しているソーシャルメディア(単一回答)

最も利用するソーシャルメディアによって、1日のインターネット利用時間に差があることもわかった。Facebook/LINE を最もよく使うユーザーでは、2時間未満のネット利用が45%を超えた。一方、Twitter/mixi を選んだユーザーでは、45%超が1日3時間以上ネットを利用していた。

1日のインターネット利用時間
1日のインターネット利用時間

また、最も利用するソーシャルメディアによって、興味の幅も異なっていた。LINE を挙げたユーザーでは、ファッション/スポーツ/映画など多数の項目において興味を持っている割合が25%を超えた。他方、Twitter では、映画・音楽/アニメ・漫画に興味があると回答したユーザーの割合が特に高くなっていた。

普段興味を持っていること(当てはまるものを、3つまで回答)
普段興味を持っていること(当てはまるものを3つまで回答)

今後使いたいと思っているソーシャルメディアとしては、Facebook が41.3%と最多であった。その理由として、「就職活動のため」「周りの友達が利用しているから」「世界中の人とつながれるから」などが挙げられた。

同調査は、2012年度の新成人776人(男性351人、女性425人)を対象として実施。調査期間は2012年12月19日から25日。調査方法はインターネットによるアンケート調査。