クラウドコンピューティングのメリットとは、IT リソースをスケーラブルに利用できることで、コスト最適化が可能になる点だとされている。だが、実際は必ずしもそうとは限らないようだ。

米国 Symantec は1月16日、同社によるクラウドに関する調査報告「Avoiding the Hidden Costs of Cloud 2013 survey」を公表。企業へのクラウドの普及率が過去最高に達したことを明らかにした。同調査によれば、クラウド導入を検討したことがあるという企業は全体の94%に到達。前回調査時の75%から大きな伸びを示した。

クラウドコンピューティングにおける「隠れたコスト」とは何か?
企業の94%はクラウドの利用を検討したことがある
(出典:Symantec)

だが一方で、企業によるクラウドの採用には「見えないコスト」があることを指摘している。

クラウドの見えないコスト−セキュリティ

Symantec の調査で明らかになったクラウドの最大の問題点は、クラウドの不正導入だ。調査対象のうち77%が、これを問題だとしている。不正導入とは、企業の IT 部門の許可を得ずに、企業内の各部署や従業員が勝手にクラウドを導入してしまうことを指す。

クラウドの不正導入では、企業のセキュリティやプライバシーポリシーが遵守されていないことが多く、セキュリティ上の大きなリスクとなる。Symantec の調査によれば、クラウドの不正導入があった企業の40%で、なんらかの機密情報の漏えいがあったという。

クラウドの見えないコスト−クラウドストレージサービスの非効率な利用

もう1つの問題は、企業によるクラウドストレージの利用方法があまり効率的とは言えないという点だ。Amazon S3 や Dropbox といったクラウドベースのストレージサービスは、近年ますます人気が高まっている。だが、Symantec の調査によれば、調査対象となった企業の61%はデータのバックアップで社内で統一されたサービスを採用してはおらず、3つまたはそれ以上のクラウドストレージサービスを利用しているという。

Symantec のグローバルクラウドマーケティング部門でシニアマネージャを務める Dave Elliott 氏は、InternetNews.com に対し次のように語った。

「これは明らかに非効率的なやり方だ。また、ポリシーの一貫性を欠く恐れもある」

また、Symantec の調査によれば、クラウドストレージサービスを利用する企業の多くが、最適なプランを選択できてはいないという。

「多くのストレージスペースが利用されないまま放置されている。企業の多くはデータバーストが発生したときのため、または万が一のため、必要以上のストレージ容量のプランを選択する傾向にあるようだ」

クラウドの見えないコスト−クラウドストレージでのデータ紛失

さらなる問題点は、調査対象の43%がクラウドでデータを失くしたことがあると認めている点だろう。Elliott 氏は、クラウドでデータが失われる理由は複数あるという。1つには、クラウドストレージプロバイダーが、なんらかの不具合によってデータを失ったという場合。だがもっとも多いのは、利用者による人為的なミスでデータが失われるケースだ。Elliott 氏は次のように述べた。

「利用者が誤ってデータを不適切な場所に置いてしまうことがある。このような場合、データを見つけるのは困難だ」

クラウドの見えないコスト−データリカバリ

クラウドからのデータリカバリも、隠れたコストの1つだ。クラウドからのデータリカバリの経験がある利用者のうち、リカバリ完了までの時間に満足したと回答したのはわずか32%に留まった。回答者の22%は、クラウドからのデータリカバリには、3日以上かかると回答している。そのデータが企業運営においてクリティカルなものだった場合、3日間業務が停止することによる損失は非常に大きなものとなるかもしれない。

クラウド導入におけるポリシーの重要性

Elliott 氏は、企業の多くはデータバックアップやストレージの効率的な利用方法について、深く検討することなくクラウドに飛びついていると指摘する。Symantec はクラウド導入の際には、技術やプラットフォームよりも、企業ポリシーにフォーカスして検討すべきだとしている。

「クラウドを利用するためにポリシーを変更するようなことはあってはならない。ポリシーは、企業が利用するすべてのプラットフォームで共通であるべきだ。ポリシーを決定したら、従業員にそれを周知徹底させる必要がある。こうすることで、クラウドの不正導入も防ぐことができる」

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、InternetNews.com の主任編集者。