楽天および岩手県は、岩手県下7市町村の新成人1,644人を対象に、電子書籍端末「kobo Touch」を寄贈する「楽天ふるさとプロジェクト」を1月12日に始める。

楽天、岩手県7市町村の新成人に kobo Touch を寄贈する「楽天ふるさとプロジェクト」
「楽天ふるさとプロジェクト」

楽天ふるさとプロジェクトは、岩手県下7市町村の新成人に kobo Touch を寄贈するもので、楽天が2012年7月の kobo Touch 発売時から検討してきたそうだ。楽天と岩手県が地域活性プロジェクト「まち楽」を通じて提携したことで、同県を対象としたプロジェクトが実現した。

kobo Touch の寄贈対象は、大船渡市/釜石市/紫波町/陸前高田市/大槌町/平泉町/田野畑村の新成人1,644名(平泉町/田野畑村については昨年8月に実施された成人式参加者)。復興を担う新成人に、岩手県に関する読書作品を通じて、同県の文化や地元地域に対する理解を深めてもらうことを目的としている。

岩手県7市町村の新成人に「kobo Touch」を寄贈
岩手県7市町村の新成人に「kobo Touch」を寄贈

同プロジェクト開始にあたり、楽天 CSR サイトおよび「kobo イーブックストア」に特集ページを開設。岩手県下各市町村の推薦図書のほか、本田有明作「宮沢賢治のことば」や石川啄木作「一握の砂・悲しき玩具」など同県にちなんだ作品を多く紹介している。