ソニーは、ラスベガスで開催中の世界最大の家電見本市「2013 International CES」で、フル HD の4倍以上の解像度をもつ 4K 対応液晶テレビ(ブラビア)や Xperia スマートフォン新機種など、2013年に販売を開始する新商品を紹介している。

また、次世代ディスプレイデバイス開発の成果として、56型 4K(3,840×2,160)対応「有機 EL テレビ」の試作機や、4K 対応民生用カムコーダーも参考展示している。

技術参考展示する「有機 EL テレビ」は、酸化物半導体 TFT 技術とソニー独自の「スーパートップエミッション」(Super Top Emission)方式により、世界最大56型の大型サイズで 4K の高解像度を実現している。

従来の「有機 EL テレビ」は有機 EL 層を駆動して発光させるため、低温ポリシリコン TFT(薄膜トランジスタ)を用いていたが、パネルの大型化に課題があった。そこで、酸化物半導体 TFT を用いることで、56 型という大型サイズながら、4K 解像度の高精細なパネルを実現した。

有機 EL 素子構造には、ソニー独自のスーパートップエミッション方式を採用、自発光デバイスの有機 EL テレビならではの、高コントラスト/高輝度/高速動画応答性能/広視野角の映像表現が、高精細 4K 解像度の大型サイズでできるようになった。

なお、今回参考展示した「有機 EL テレビ」の有機 EL パネルは、台湾 AUO 社との共同開発による試作品。

【CES】ソニー、世界最大56型 4K 対応有機 EL テレビを参考展示
56型 4K 対応有機 EL テレビ試作機