IDC Japan は、2012年第3四半期(7〜9月)の国内サーバー市場動向を発表した。これによると、2012年第3四半期の国内サーバー市場規模は1,133億円で、前年同期比で5.9%減少した。一方、出荷台数は14万4,000台で、前年同期比で9.4%減少した。製品分野別では、メインフレーム以外のカテゴリーがマイナス成長となった。

x86 サーバー市場でベンダー間の競争が激化 −IDC Japan 予測−
2012年第3四半期 国内サーバー市場の出荷額別ベンダーシェア(出典:IDC Japan)

今期は、メインフレームが前年同期比で2.8%増加し、3四半期連続でプラス成長となった。金融業、流通業、製造業向けに大型機の出荷があり、特に金融業向けの更新案件は2012年に入り好調を維持している。IA64 サーバーはわずかに前年同期の出荷額には達せず、また RISC サーバーは前年同期における「京」の出荷の反動があり、2桁のマイナス成長となった。x86 サーバーは情報サービス業向けの出荷は好調なものの、1,000台を超える大型案件の件数は前年同期比では減少している。

ベンダー別出荷額では、NEC と富士通が同率で1位だった。NEC は、x86 サーバーで通信業向けの大口の案件を6期連続で獲得する一方で、富士通は x86 サーバーで、金融業、製造業、情報サービス業向けに大口の出荷があった。3位は IBM で、メインフレームで前年同期の出荷額を上回ったものの、他の製品分野が振るわなかった。4位は日立製作所で、メインフレームと RISC サーバーが好調だった。5位は HP でした。同社は、すべての製品分野でマイナス成長だった。6位はデルで、4期連続のプラス成長だった。なお、ベンダー別出荷台数では、NEC が1位、富士通が2位、HPは3位だった。

IDC Japan サーバー リサーチマネージャーの林 一彦氏は「今期は、NECと富士通、IBM と日立製作所の出荷額シェアが僅差となり、一段とシェア争いが厳しくなってきた。その中で x86 サーバーがサーバー市場に占める割合は、前年同期から2.2ポイント上昇し、市場の57.7%となった。サーバーベンダーは、シェアの確保だけでなく損益分岐点の見極めが重要になってくる。今後サーバーベンダーは、自社製品の収益性と、シェアの分岐点をにらみながら自社の得意とする製品ポートフォリオを構築していく必要があるだろう」と指摘している。