IDC Japan は、2012年第3四半期(7〜9月)におけるスマートフォン/タブレットの出荷台数を発表した。全国のスマートフォン出荷台数は797万台で、前年同期比50.2%の増加であった。また、国内の全携帯電話端末出荷に占めるスマートフォン端末の出荷比率は、72.1%にまで上昇していた。OS 別では、Android OS 搭載スマートフォンが74.9%のシェアを占め、iOS 搭載スマートフォンを大きく上回った。

タブレット市場も成長を続けており、全国のタブレット出荷台数は、前年同期比106.8%増の101万台まで増加した。同市場が急成長を続ける要因として、LTE(4G 方式)搭載のタブレット端末が登場し、Android OS 搭載端末の出荷台数が伸びていることが挙げられる。前期までは iOS 搭載タブレットが過半数のシェアを占めていたが、2012年第3四半期は、Android OS のシェアが46.4%となり、初めてiOS 端末のシェアを上回った。

今後の短期的な見通しとして、スマートフォン/タブレット市場は好調を維持するとされる一方、「複数のベンダーから低価格モデルが市場投入される可能性が高いため、同市場でのさらなる低価格競争は必至となる」と IDC Japan アナリストの木村融人氏は指摘している。さらに同氏は、長期的な見通しで「スマートフォン市場は2016年に3,806万台にまで拡大する。またタブレット市場においても、2016年で780万台を予測している」と予測している。

2012年第3四半期の国内モバイル市場、スマホ出荷台数797万台で50.2%増
国内モバイルデバイス出荷台数予測(2011年〜2016年)