日本マイクロソフトによると、サークル・ドット・エムエス(Circle.ms)が、コミックマーケット準備会やコミケットとの連携による「コミケ Web カタログ」で、「Microsoft Windows Azure」をプラットフォームに採用したそうだ。

「コミケ Web カタログ」は、同人誌など自主制作物頒布の場である「コミックマーケット」(コミケット)に関する情報を、コミケット参加者に提供するカタログサービス。年2回、毎回3日間開催されるコミケット当日の頒布物情報を、3万人以上のクリエイターや50万人以上の参加者に提供するもの。各種情報は参加者の好みに合わせて整理することもできる。ベータ版として公開中で、2013年には正式リリースする予定。

Circle.ms では、これまで、紙のカタログや DVD で参加者に提供していた内容を、「コミケ Web カタログ」として Web で公開するだけでなく、グローバルなクラウドサービスとして、コミケット参加者が開催中に利用するだけでなく、同人誌に関心を持つユーザーを繋ぐ継続的なコミュニケーションの場として活用することなども計画している。

Azure で「コミックマーケット」向け Web サービス
サークル・ドット・エムエスのトップページ