米国 Twitter は、「Twitter」で全ツイート(投稿)一括ダウンロード機能の提供を米国時間12月19日に開始した。これにより、Twitter ユーザーは自分のツイートをすべてダウンロードできるようになった。ただし、同機能は現在 Twitter の使用言語を英語に設定しているユーザーのごく一部にのみ提供しており、今後、数週間から数か月かけてほかの言語も含めすべてのユーザーに広げていく予定。

この機能を利用すると、ユーザーが自分のツイートを最初のものから一括して、1つのアーカイブ ファイルとしてダウンロードできる。アーカイブには自分が書き込んだツイートだけでなく、リツイート(ほかのユーザーのツイートを自分のアカウントでそのまま再投稿したもの)も含まれる。アーカブ ファイルの内容は、月ごとにツイートを整理したり、特定のキーワードやハッシュタグ、ユーザー名などで検索したりすることに利用可能。

アーカイブ ファイルのダウンロードは、まず Twitter の「Settings(設定)」メニューを選んで「Account(ユーザー情報)」画面を表示し、一番下にある「Your Twitter archive」の「Request your archive」ボタンをクリックして要求する。そして、システム側でアーカイブ ファイルの作成が済むと、ダウンロード用リンクがメールで通知されるので、その指示に従ってファイルをダウンロードする。

Twitter、ユーザー自身で全ツイートの一括ダウンロードが可能に
全ツイートの一括ダウンロードが可能に

ダウンロード未対応の設定画面
ダウンロード未対応の設定画面