メディア視聴行動分析サービスのニールセンは、スマートフォンの利用動向を計測してレポートする新サービス、「Mobile NetView」のパイロットデータを発表した。

発表によると、Android OS 搭載のスマートフォンによる一人あたりのインターネット利用時間は、PC 利用者のそれを上回っていることがわかった。また、セッション数では、Android OS 搭載のスマートフォン利用者は、PC 利用者よりも3.5倍も頻繁にインターネットサービスを利用していたことがわかった。

今回のインターネット利用動向に関する発表によると、2012年9月の Android 搭載スマートフォンの利用者の月間一人あたりインターネット利用時間は1,492分で、PC 利用者の同期間における一人あたりのインターネット利用時間である1,301分を190分上回っていた。Android スマートフォンによるインターネット利用時間の内訳では、ブラウザによる利用時間が一人あたり572分であるのに対して、アプリケーションによる一人あたりの利用時間は920分と1.6倍も多くなっていた。

ニールセンが Android スマートフォン利用動向計測パイロットデータを発表、スマホ利用者のインターネット利用時間が PC 利用者を上回る
 Android OS 利用者と PC 利用者の月間一人あたりの利用時間(出典:ニールセン)

また、インターネットの利用頻度を示すセッション数では、PC 利用者の月間一人あたりのセッション数が46回であるのに対し、Android OS 搭載スマートフォンの利用者一人あたりのセッション数は161回で、3.5倍も多かった。スマートフォンに関するセッション数の内訳は、アプリが105回、ブラウザは56回で、アプリでの利用が多くなっていた。セッションごとの平均利用時間は PC が28分であるのに対し、Android OS 搭載のスマートフォンは9分だった。

さらに、ブラウザのページビュー比較では、PC 利用者が月間一人あたり2,565ページに対し、Android スマートフォン利用者は1,534ページとなっており、ブラウザ上で表示される広告媒体としては、まだ、PC サイトのほうが優位であるという。

イメージ
Android OS 利用者とPC 利用者の月間一人あたりのページビュー(出典:ニールセン)

なお、今回発表したパイロットデータには iOS の利用状況は含まれておらず、集計に使用したパネル数は、サービス開始時に予定しているパネル数には達していない。また、Mobile NetView サービスの公式提供時に実施するデータのウェイトバック(サンプル構成比の補正)は実施されていない。