IDC Japan は、2013年の国内IT市場で重要になる技術や市場トレンド、ベンダーの動きなど、主要10項目を発表した。

2013年の国内 IT 市場は、クライアント/サーバー技術の「第2のプラットフォーム」から、IDC が定義した「第3のプラットフォーム」(モビリティ、クラウド、ビッグデータ、ソーシャル技術)市場へのシフトが顕著になるという。また、この動きを加速させるのは、スマートフォンやタブレットなどのスマートモバイルデバイス(SMD)の需要と、それを支える通信サービスの拡充、さらにそのアプリケーションや増大するデータを管理するクラウドサービス市場の成長が挙げられている。

一方、クラウドの浸透は、OSS やネットワーク仮想化技術の発展をもたらし、コンバージドシステム(Converged Systems)の成長を促すという。ビッグデータとソーシャル技術を活用する分野は小規模ながら成長率は高く、注目すべき多くの事例の出現が予測されている。その結果、第3のプラットフォームへの IT 市場のシフトは、ICT を活用する産業構造や社会インフラに想定を超える変革をもたらすと同時に、第2のプラットフォームをけん引したサーバー市場や PC 市場ではマイナス成長が続くとしている。

2013年の ICT 市場では、成長著しい第3のプラットフォームをリードするベンダーと、第2のプラットフォームに強く依存したベンダー間の業容の格差が無視できなくなり、IT 産業の構造変化が加速するとしている。

このような背景から、同社は2013年の国内 IT 市場における「IDC Top 10 Predictions 」の概要を提示している。

1. 国内 ICT 市場は緩やかに成長し、第2のプラットフォームから第3のプラットフォームへのシフトが水面下で加速する。
2. 第3のプラットフォームを活用した業種特化型ソリューションが拡大する。
3. スマートモバイルデバイス(SMD)ユーザーの増加が、マルチデバイス、アクセスプラン競争、法人利用を加速する。
4. BYOD の法人利用でセキュリティ脅威が顕在化し対策が求められる。
5. 国内クラウド市場におけるベンダー間の戦いは静かに熱いものとなる。
6. 2013年は SDN(Software Defined Network)市場元年となり、OpenFlow の波がエコシステムを形成していく。
7. コンバージドシステムを巡る競争がサーバーベンダーの生き残りを左右する。
8. 第2のプラットフォームベンダーによるビッグデータビジネスは苦戦し、IT 企業と非 IT企業の合従連衝が加速する。
9. 企業向けソーシャル技術の活用ターゲット市場が明確となり競争が始まる。
10. オフィス向け IT 市場で IT ベンダーと HCP ベンダー間の主導権争いが始まる。